月別アーカイブ: 2015年6月

稽古日誌です!

どうもー!
本日の稽古日誌は、なっちゃんこと榊菜津美ですー!
アマヤドリという劇団に所属しております(・ω・´)
24さいです。最年少です。わー!

須貝さんと初めてお会いしたのはわたしがまだハタチのときで、なぜか劇団競泳水着の上野さんと3人で居酒屋でお酒を呑んだのでした。
そのときは、まさか4年後に一緒にお仕事させてもらえるなんて思ってもみなかった!
ありがたい話です。


さてさて、今日もバシバシ稽古です。





色男陽介さんと色男憲さん2人のシーン。
たまりません。

わたしは、台詞がなんとなくインプットされて、さあ実際に動いてみるぞ!
というあたりの稽古が好きです。
相手の台詞とかリアクションが予想できない感じが!!
いまの気持ちを忘れずに本番に臨みたいものです(・ω・´)

image1

全員集合!

こんちわ~!ホチキスの齋藤陽介で~っす!三十路です!
僕はモノフォニには過去2回番外的な作品に出てるんですけども、本公演に出るのはなんと今回が初!須貝くんとは同い年で付き合いもわりと長いにも関わらず、意外とがっつり芝居作ったことはなかったんだなぁ~としみじみ。だからもう、ふんどしギッチギチに締めて挑んでやろう!と思っていたりいなかったり。
なんつったって今回の作品、前にリーディングでやったやつを改めて舞台に上げるってんだから、須貝英の思い入れってもんをヒシヒシと感じますよもう。僕もその時のリーディング出てまして、今回同じ役をやらしてもらってます。役をさらに掘り下げられるチャンスをもらえて、まっことありがたい限りですわ。ふんどしガッチガチに締めて、掘り下げたり掘り下げなかったりしよ!そんなことを考えていたりいなかったり!よ~っし!


でも真面目な話、いい作品ですよ本当に。
須貝英は基本的にロマンチストだと僕は思ってます。同時に、世界に対する冷徹な目もあります。バランスの人です。バランス人です。
『時々は、水辺の家で』という作品は、冷徹な目の方の須貝英が基本にあるんだけど、なんか全体見てみるとほの温かいというかそういう彼の目線みたいなのが感じられて、けっこういい気持ちになるお話です。僕はそういう印象。
あと画家にまつわるお話なので、絵画をはじめとした芸術に関する言葉がたっくさん出てきて、観ている間はそういう世界にどっぷり浸かれる時間になると思います。
どうぞお楽しみに。


今日は、先日木ノ下歌舞伎を終えたばかりの村上誠基が合流して、ついに全員集合しての稽古でした!
さあ本番まであと一ヶ月ちょい、どんな風に物語が立体化してくるかな~

IMG_20150623_193524

IMG_20150623_204203

稽古場日誌第二回!

担当します、川田智美です。こんにちはこんばんは。
2013年12月、リーディングにも出演しておりました。あのときは初モノフォニ!初リーディング!初須貝さん!わー目の前に須貝さん!っていうかんじで心がバタバタしていました。懐かしい。

さて、ていねいな読み合わせ稽古を経て、今日から仮の道具をつかって実際に立って動く稽古がはじまりました。音楽もちょっとだけ入り…これ、1か月後の本番にはどーなってるんだろ?すごく楽しみなのです。

稽古日誌のことについて完全に気を抜いていたので、これは帰る直前の写真です。あはは。
一人芝居本番中の大石憲くんもいます。

この写真からは稽古の様子が一切わかりませんが(笑)モノフォニTwitterには第1場の榊なっちゃんがアップされてましたよ、ぜひ。

明日も稽古っすー!

IMG_20150622_223602

monophonic orchestra6「時々は、水辺の家で。」

monophonic orchestra6「時々は、水辺の家で。」

稽古日誌でございます!
第一回はメンバーの大石です、よろしくお願いします!

今回は7人の演者でお送りします!
皆の紹介は追々詳しく!

今回は2013年にリーディング公演としてお送りした作品を本公演として再編成します!キャストも劇場も変わりまして勿論ですが新作として上演いたしますよ。

演者の面々は既に気の合う感じになっています!
個人的にはお酒を飲む人が沢山いて嬉しいです。

これから稽古場からのお便り、出演人皆でお送りしますので、どうぞよろしくお願いします!

写真は休憩でくつろぐ榊なっちゃん、健吾君、白瀬さんです!

IMG_20150619_195151503