着衣を諦めた夏

monophonic orchestra ワークショップ日誌をご覧のみなさま、こんにちは。二回目です、依田玲奈です!

七月末のあやめ十八番「肥後系 新水色獅子」を終えまして、おぐっちゃんと共にもどってまいりました!!


クールなメンズたち。


image



(よく見たら、須貝さんは左手で目つぶし的なものをしてくださってました。ありがとうございます。)


image (1)


キュートなレディーたち。
さゆちゃんこと吉原小百合さんは本番を終え、現在京都で稽古中です!

この日はおそらく過去最大の7人が集まりました!
色んなところで活躍しているmonophonic orchestra WSメンバー、未だ全員集合はしておりませんが、きっとこの猛暑が終わる頃には!集合していることでしょう!!!
あまりの暑さに着衣を諦めかけたわたしですが、全員集合の夢は諦めません。目標は!!10月までに!!!!!八人で集合写真を撮ること!!!!!!!!夢はでっかく!


そんなこんなどんなで、
気づけば四月のワークショップはじまりから早四ヶ月が立ちまして、全行程の三分の一が過ぎたようです。
個人的には、大学で演劇サークルや劇団に所属せず四年間やってきたので、一年という長期間同じメンバーで切磋琢磨しあっていくのは、高校の部活以来の、でもそれとはまた違う面白さや豊かさを感じています。
一年後、どうかありえないくらい素敵な自分に出逢えるよう、必死に今を生きていきたいなあと思います。
猛暑はどうしようもないですが。