作成者別アーカイブ: 英須貝

まもなく

集中稽古が始まってます。
今日の稽古でまた一段階この作品が面白くなったと思います。急に格段とシーンがよくなったりするから演劇ってやっぱりおもしれーって思います。逆もまた然りですが。最終的にはしっかりとこれだってものをお客様に提供致します。
芸術家の話ですが、知識がなくても安心して楽しめます。
もちろんあっても損はないです。
自分としても今後もやらないような役を頂いております。
あと、一週間まだまだやれることあるし、やったります。



齋藤陽介さんのこんな画像しかなかったです

20150718_144737

艶で避暑

さいとーです。
長い間降り続けていた雨が止み、久々に太陽が顔を見せてくれました!やったー!世界で雨ってヤツがいちばん嫌いなんだよおれは!この調子で早く梅雨明けろ!
梅雨が明けたら夏。夏と言えば避暑地に行きたくなるもの。でもまあそんなサクッと行ける場所ではないですよね。
でもこの夏、最高の避暑地が下北沢に現れますよー!その名も、小劇場楽園。「水辺の家」という最良にして最涼の避暑地がでっかくオープン!

そのために、ガンガン稽古しております。徐々に徐々にいろんなものが立体化してきて、登場人物に血が通ってきた感があります。そんで人物と人物の関係性もくっきり浮き上がってきました。
演劇で最も大切なもののひとつ、関係性。これ大事ですからね。ここしっかりやっていこうね須貝くん!
みなさんどうぞお楽しみに。


写真は、ペットボトルで遊ぶ川田智美。
僕、彼女の色っぽさに今日いきなり気づきました。マジで突然。ハッとしました。
この写真撮ってる段階ではあんまり意識してなかったんですけど、この日誌書くにあたって写真添付したとたんに今日の稽古での彼女の艶を思い出し、今また少しドキドキしてます。僕が結婚してなかったら告白していたでしょう。
そんな彼女が今回は主役。男ども、やられちまえ。

IMG_20150710_213715

気配

あっというまに7月になりました!
この雨季をぬけたら真夏、そして私たちの本番がまっています。

稽古はついに台本のシーンを一周し終えようかというところです!本番までのラストスパートにむけて、もりもり食べてがんばろうとおもいます。

そして依然稽古場では、各々持参したペットボトルが何者かによっていつの間にか逆さまにされている、という事件が頻発しています。
現場の川田でした。

IMG_20150706_202312

yomoyama monophonic

どうも、メンバー大石です。
稽古は続いていまして今は立ち稽古一周目です。
今はシーンを少しずつ通して須貝さんとのサジェッション、の繰り返しです。全体の三分の二いったかな?
個人的には三周できたらいいなーって思っています。
このシーンこうなったらいいなー、あったらいいなが揃ってたらいいなーが今の楽しみです。

そして!

yomoyama monophonic

という企画がスタート致しました!
これはウェブ企画でmonophonic orchestraの二人+出演者の三人でお送りしております。

続々と更新されますのでこちらも合わせてよろしくお願いします!
稽古場の様子や普段の姿が覗けるかと思われます!
梅雨の時期は髪がクルックルホーンクルック大石でした。

写真は前回公演の稽古の時の麦平さんです!あいてー!麦平さーん!

20150330_194228_197

初日誌

どうも村上誠基と申します。まさきってよみます。仲の良い人達からはまーくんと呼ばれています。皆さんもどこかであったら是非まーくんと声をかけて下さい。

時々は、水辺の家で。稽古もじっくりと進んでおります。ひとつひとつ丁寧に、とりこぼしのないように、そんな印象です。そして英ちゃんの楽しそうなこと!演出家須貝英もカッコ英ですね。

写真は元気ガールと演出ボーイです。川田さんが9:58分!!ってポーズしてますね。英ちゃんとなっちゃんはシザーハンズのモノマネをして楽しそうですね。

あと1、2回位は稽古場日誌回ってくるかな?なにか出演者に聞いて欲しいことやらありましたら募集しますよ~。

image1

7月です!

初めまして、白勢と申します。
今回初めてご一緒させてもらいます!


気が付けば7月です。
須貝さんが「ギアを再度入れ直しましょう!ドクロまで!」と言ってました。
映画である大振りのような、「押すなよ押すなよ」といわんばかりに存在してるあれのことだそうです。

写真は大石さんが撮ってくれてました。

1435818456470

うふふ。

ギアを再度入れて!ぐいぐい立ち向かっていく所存でございます!!

宣伝動画も配信が始まりました!!
第一回目はモノフォニの須貝さんが、大石さんです!
どうぞこちらもぜひチェックしてください!!

稽古日誌(森崎)

皆様、どうもー本日の稽古日誌です。わたくしはぬいぐるみハンターという劇団の森崎健吾と申します。

モノフォニックオーケストラさんには前回の「さよなら、三上くん」に引き続き参戦させて頂きます。
大石憲くんとは3連続現場が一緒で、川田智美さんとは4回目の共演です。

川田さんは毎回はじめましての空気を醸し出してきます。つまり、よそよそしいです。
おそらく、毎回新鮮な気持ちでお芝居しましょうという、僕への意思表示なのでしょう。…受け取りました!

須貝さんの作品創りはとても丁寧で大好きです。
役者さんも皆様最高です。
あとは僕が足を引っ張らないようにします。頑張ります。

稽古写真撮りわすれたので、自宅の駐輪場のつばめの写真を。

20150618_202457

稽古日誌です!

どうもー!
本日の稽古日誌は、なっちゃんこと榊菜津美ですー!
アマヤドリという劇団に所属しております(・ω・´)
24さいです。最年少です。わー!

須貝さんと初めてお会いしたのはわたしがまだハタチのときで、なぜか劇団競泳水着の上野さんと3人で居酒屋でお酒を呑んだのでした。
そのときは、まさか4年後に一緒にお仕事させてもらえるなんて思ってもみなかった!
ありがたい話です。


さてさて、今日もバシバシ稽古です。





色男陽介さんと色男憲さん2人のシーン。
たまりません。

わたしは、台詞がなんとなくインプットされて、さあ実際に動いてみるぞ!
というあたりの稽古が好きです。
相手の台詞とかリアクションが予想できない感じが!!
いまの気持ちを忘れずに本番に臨みたいものです(・ω・´)

image1

全員集合!

こんちわ~!ホチキスの齋藤陽介で~っす!三十路です!
僕はモノフォニには過去2回番外的な作品に出てるんですけども、本公演に出るのはなんと今回が初!須貝くんとは同い年で付き合いもわりと長いにも関わらず、意外とがっつり芝居作ったことはなかったんだなぁ~としみじみ。だからもう、ふんどしギッチギチに締めて挑んでやろう!と思っていたりいなかったり。
なんつったって今回の作品、前にリーディングでやったやつを改めて舞台に上げるってんだから、須貝英の思い入れってもんをヒシヒシと感じますよもう。僕もその時のリーディング出てまして、今回同じ役をやらしてもらってます。役をさらに掘り下げられるチャンスをもらえて、まっことありがたい限りですわ。ふんどしガッチガチに締めて、掘り下げたり掘り下げなかったりしよ!そんなことを考えていたりいなかったり!よ~っし!


でも真面目な話、いい作品ですよ本当に。
須貝英は基本的にロマンチストだと僕は思ってます。同時に、世界に対する冷徹な目もあります。バランスの人です。バランス人です。
『時々は、水辺の家で』という作品は、冷徹な目の方の須貝英が基本にあるんだけど、なんか全体見てみるとほの温かいというかそういう彼の目線みたいなのが感じられて、けっこういい気持ちになるお話です。僕はそういう印象。
あと画家にまつわるお話なので、絵画をはじめとした芸術に関する言葉がたっくさん出てきて、観ている間はそういう世界にどっぷり浸かれる時間になると思います。
どうぞお楽しみに。


今日は、先日木ノ下歌舞伎を終えたばかりの村上誠基が合流して、ついに全員集合しての稽古でした!
さあ本番まであと一ヶ月ちょい、どんな風に物語が立体化してくるかな~

IMG_20150623_193524

IMG_20150623_204203

稽古場日誌第二回!

担当します、川田智美です。こんにちはこんばんは。
2013年12月、リーディングにも出演しておりました。あのときは初モノフォニ!初リーディング!初須貝さん!わー目の前に須貝さん!っていうかんじで心がバタバタしていました。懐かしい。

さて、ていねいな読み合わせ稽古を経て、今日から仮の道具をつかって実際に立って動く稽古がはじまりました。音楽もちょっとだけ入り…これ、1か月後の本番にはどーなってるんだろ?すごく楽しみなのです。

稽古日誌のことについて完全に気を抜いていたので、これは帰る直前の写真です。あはは。
一人芝居本番中の大石憲くんもいます。

この写真からは稽古の様子が一切わかりませんが(笑)モノフォニTwitterには第1場の榊なっちゃんがアップされてましたよ、ぜひ。

明日も稽古っすー!

IMG_20150622_223602